PR
写真●「Oculus Rift」のパッケージ内容
写真●「Oculus Rift」のパッケージ内容
(出所:Oculus VR)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebook傘下の米Oculus VRは現地時間2016年1月6日、仮想現実(VR)ゲーム用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Oculus Rift」の予約受付を開始した。希望小売価格は599ドル(送料別)。米国や日本を含む20カ国を対象に3月28日より出荷を開始する。

 予約注文はOculus VRのWebサイトから行える。1人1台のみ注文可能。

 Riftには、リモコン「Oculus Remote」やケーブルのほか、米Microsoftの「Xbox One」用コントローラー、アクションゲーム「Lucky's Tale」などが同梱される。予約注文者にはシューティングゲーム「EVE: Valkyrie」へのアクセスも付属する。年内に100タイトル以上のRift対応ゲームがリリースされる見通しという。

 RiftでVR体験を楽しむにはWindows搭載パソコンが必要。Riftを使用可能な条件を満たしたパソコン(Oculus Readyパソコン)とRiftをバンドルした製品も、2月に予約受付を開始する予定。希望小売価格は1499ドルから。

 また、Rift専用コントローラー「Oculus Touch」は今年後半のリリースを予定しており、Riftの予約注文者は、Touchの予約受付開始時に注文することができる。

[発表資料へ]