PR

 セイコーエプソンは1月12日、インクジェットプリンターの新カテゴリーの製品として「エコタンク搭載プリンター」を発表した。カラー複合機「EW-M660FT」、モノクロ複合機「PX-M160T」、モノクロ単機能機「PX-S160T」の3機種で、すべてA4判対応のモデル(写真1)。2月4日に販売開始する。本体側面に備えた大容量インクタンクにユーザーが自分でインクを注入して使う全く新たな方式を採用した。

写真1●今回発表した、エコタンク搭載プリンター3機種
写真1●今回発表した、エコタンク搭載プリンター3機種
上段が、カラー複合機「EW-M660FT」(直販価格5万4980円)。下段左から、モノクロ複合機「PX-M160T」(同2万9980円)、モノクロ単機能機「PX-S160T」(同1万9980円)。
[画像のクリックで拡大表示]

 同等スペックの従来機種と比べると本体価格はやや高めだが、1ページ当たりのランニングコストはカラー0.8円(EW-M660FT)、モノクロが0.3円(PX-S160T/M160T)と思い切って低く抑えた。既存の同等スペック機の1/10以下になる。EW-M660FTの場合、製品に各色2本ずつ同梱するインクで1万1300枚のカラーページを印刷でき、月に約300ページの印刷なら、多少の文書の濃淡を見込んでも2年程度インクを追加で購入せずに使えるようにした。モノクロモデルもほぼ同様のランニングコストで、印刷量が多い場合に総コストを大きく削減できるのが特徴の機種となる。

 一方、昨年秋に写真愛好家向けに投入したA3対応の高画質複合機「EP-10VA」は、3月出荷分から直販の本体価格を4万5980円から5万9980円に引き上げ、同時に専用インクカートリッジの直販価格を1セット8780円から4740円に引き下げる。EP-10VAは今後、カラリオ「V-edition」と呼ぶ新しいカテゴリーに位置付けて販売していく。いずれも、プリンター本体を割安に提供して追加インクで利益を出すという従来のビジネスモデルと異なる方向へ舵を切ることになる。

 また同社は、既存の「カラリオ」および「カラリオミー」シリーズのマイナーバージョンアップモデルも発表した。6色染料の複合機「EP-708A」、4色顔料の複合機「PX-048A」、主にシール印刷向け「PF-71」の3機種で、いずれも1月28日に発売する。