PR

 米Appleは現地時間2016年1月11日、モバイルOSの次期アップデートとなる「iOS 9.3」のベータ版を開発者向けにリリースした。iOS 9.3に追加する機能を紹介する特設ページよると、睡眠に影響を与えるとされるブルーライトを軽減する「Night Shift」機能を実装する。

 夜間、寝る前などに強いブルーライトを浴びると、体内時計が崩れ、睡眠に入りにくくなることを証明する研究が多数報告されている。Night Shiftでは、iOSデバイスの時計と位置情報から日没を認識し、自動的にディスプレイの色合いを、目に優しい暖色系に調整する。翌朝には通常の設定に戻る。

 またiOS 9.3ベータ版では、「Note(メモ)」アプリケーションにメモをロックする機能を追加する。ロック解除はパスワードまたは指紋認証によって行う。さらに、作成日時や編集日時、タイトルによってメモを並び替えられるようになる。

 「Health(ヘルスケア)」アプリケーションも強化し、サードパーティー製アプリケーションをダッシュボードに手軽に追加できるほか、スマートウオッチ「Apple Watch」のアクティビティデータを表示する。

 「News」アプリケーションには新たなタブ「For You」が加わり、ユーザーの関心事に合ったニュース記事をまとめて配信する。記事内の動画も直接再生できる。

 そのほか、定額制音楽配信サービス「Apple Music」に登録しているユーザーは、車中から「CarPlay」を通じて直接Apple Musicの「New」「For You」にアクセスし、お薦めのアーティストやアルバム、好みに合ったプレイリストの楽曲を手軽に再生できる。

 またAppleは、「Apple TV」用OSとApple Watch用OSの次回アップデート「tvOS 9.2」および「watchOS 2.2」のベータ版もリリースした。米メディアの報道(ComputerworldMacRumorsなど)によると、tvOS 9.2はBluetoothキーボードをサポートし、アプリケーションをホーム画面のフォルダーに分類できる。また、ポッドキャストアプリケーションが追加される。watchOS 2.2では、1台のiOSデバイスと複数のApple Watchを連係できるようになる。