PR

 米IDCが現地時間2016年1月12日に公表したパソコン市場に関する調査によると、2015年の世界パソコン出荷台数(速報値)は2億7620万台となり、前年実績から10.4%も減少した。2015年10~12月期は前の四半期から若干持ち直したものの、通年の出荷台数の前年比減少率は2013年の9.8%を上回り過去最大。また年間出荷台数が3億台を下回ったのは2008年以来初めてだという。

 IDCによるとパソコン市場は、買い替え周期の長期化、スマートフォン/タブレット端末との競争といった課題に直面している。加えて2015年は、物価の下落、各国の通貨安、EMEA(欧州、中東、アフリカ)などにおける社会混乱といった問題にも見舞われたと指摘している。

 一方で別の調査会社、米Gartnerが公表した2015年の世界パソコン出荷台数(速報値)は2億8870万台で、前年に比べ8.0%減少した。これでパソコンの世界出荷台数は4年連続で前年実績を下回ったという。Gartnerも2015年は各国の通貨安が市場に大きな影響を及ぼしたと指摘している。

 なおIDCが定義する「パソコン」とは、デスクトップパソコン、ノートパソコン、超薄型ノートパソコン、Chromebook、ワークステーションなど。これにはiPadなどのタブレット端末や、Windows、Android搭載の着脱式キーボードを備えるタブレットは含まれない。一方Gartnerは、同社が「Ultramobile Premium」と呼ぶ機器をパソコンのカテゴリーに入れており、これにはSurface ProなどのタブレットPCも含まれる。

 Gartnerによると、2015年のメーカー別出荷台数は、中国Lenovo Group(聯想集団)が首位で、シェアは19.8%だった。米HPが18.2%のシェアで次ぎ、そのあと米Dellの13.6%、台湾ASUSTeK Computer(ASUS)の7.3%、米Appleの7.2%、台湾Acer(宏碁)の7.0%と続いた。これら上位6社の合計出荷台数は、世界市場全体の73.1%を占めており、この比率は前年の70.4%から拡大した。

 しかし上位6社の中でも出荷台数が伸びたのはAppleのみ(前年比5.8%増)で、Lenovo、HP、Dell、Asusはそれぞれ同3.1%、同4.4%、同3.3%、同6.5%減少した。またAcerは同15.3%減と、6社の中で最も落ち込みが激しかった。

[IDCの発表資料]
[Gartnerの発表資料]