PR

 米Qualcommは現地時間2016年1月17日、中国貴州省と戦略的提携を結んだと発表した。提携の一環としてサーバー向けチップセットの合弁企業を設立する。

 資本金18億5000万人民元(約2億8000万ドル)のジョイントベンチャーGuizhou Huaxintong Semi-Conductor Technologyは、貴州省が55%を、Qualcomm子会社が45%を保有する。高度なサーバー用チップセット技術の設計と開発、中国向け販売に焦点を当てる。

 貴州省貴安新区に登録し、北京に複数のオフィスを置く。Qualcomm傘下のQualcomm Technologiesのライセンス技術と研究開発プロセスを利用する。

 またQualcommは、貴州省に投資会社を設立し、中国への将来的投資の拠点とする。貴州省と密に連携し、同省における事業機会の見極めと追求で長期にわたって協力するとしている。

[発表資料へ]