PR
DataSpider Servistaの概要
DataSpider Servistaの概要
(出所:豆蔵ホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 アプレッソは2016年1月19日、EAI(データ連携)ソフト「DataSpider Servista」について、Microsoft Azure向けの接続機能を強化したと発表した。新たに連携用のソフト(アダプター)を介して、機械学習に必要なデータを投入して結果を取得できるようにした。Azure用の接続アダプターは、豆蔵のグループ会社であるネクストスケープとアプレッソが共同で開発した。

 DataSpider Servistaは、データベースやWebサービスといった複数のシステム同士を、特定のスケジュールやイベントなどが発生したタイミングでデータ連携させるためのEAIソフトである(関連記事:アプレッソ、データ連携ソフトの新版でAWS連携を強化)。システム同士のデータ連携ロジックはマウス操作で定義できる。連携アダプターの適用により、各種のデータベースサーバーやクラウドサービスなど、さまざまなデータソースに接続できる。

 今回、Microsoft Azure用の接続アダプターの機能を強化し、Azure上で利用できる機械学習システムであるMicrosoft Azure ML(Machine Learning)を利用できるようにした。アダプターを介して機械学習に必要なデータを渡し、機械学習の結果を受け取れるようにした。こうした作業を手動で行わなくても、DataSpider ServistaのEAI処理の内部で、バッチ処理として機械学習を実行できるようになった。

 Azure用の連携アダプターは、接続するAzureの機能に応じて三つの既存機能がある。一つは、メッセージングサービス「Azure Service Bus」と接続する機能である。Azureにホストされたサービスからメッセージを受信して、DataSpider上のスクリプトを実行できる。第二はストレージの「Azure Blob Storage」に接続してファイルやデータの取得・書き込み・削除を行う機能である。三つめはデータベースサーバーの「Azure SQL Database」に接続してSQLで問い合わせる機能である。

 今後アプレッソが提供を予定している新版「DataSpider Servista 4.0 SP1」では、さらに三つの新機能を提供する。(1)NoSQLデータベースの「Azure DocumentDB」に接続してデータを検索・更新・削除する機能、(2)Hadoopサービスの「Azure HDInsight」に接続してHadoopインスタンスの起動・停止・ジョブの実行を行う機能、(3)クラウドサービス間の処理を管理する「Azure Queue Storage」に接続して、メッセージキューの送信・受信・削除を行う機能、である。