PR
写真●バッファローの「HDV-SAU3/Vシリーズ」
写真●バッファローの「HDV-SAU3/Vシリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 バッファローは2016年1月20日、テレビ録画向けドライブを採用した24時間連続録画対応HDDを2月中旬に発売すると発表した。テレビ録画専用の新デザインきょう体の「HDV-SAU3/V」シリーズ(写真)、SeeQVault対応モデルの「HDV-SQU3/V」シリーズ、縦置き・横置き両対応のスリムきょう体「HD-LLU3-E」シリーズの3シリーズ。

 パナソニック製のブルーレイ/DVDレコーダー「DIGA(ディーガ)」に搭載されているドライブと同等品を採用。DIGAや同社製のプラズマ/液晶ディスプレイ「VIERA(ビエラ)」の増設用HDDとして最適という。

 HDV-SAU3/Vシリーズは、防振設計、ファンレス設計、エアフロー設計により静音化を徹底。テレビを視聴しながらの録画や寝室での使用などでも動作音が気にならないようにした。電源ケーブルとUSBケーブルを接続する部分は切りかけ仕様で、壁際にも設置しやすい。希望小売価格(税別)は、容量4TBが3万1000円、3TBが2万4300円、2TBが2万1000円、1TBが1万6500円。

 HDV-SQU3/Vシリーズは、HDV-SAU3/Vシリーズと同じテレビ録画専用きょう体を採用。著作権保護規格のSeeQVaultに対応し、対応機器間でHDDをつなぎかえて録画データを引き継ぐことができる。希望小売価格は、容量4TBが3万3300円、3TBが2万6600円、2TBが2万3200円、1TBが1万8700円。

 HD-LLU3-Eシリーズは、厚さ約4cmのスリムきょう体を採用したベーシックモデル。希望小売価格は、容量4TBが2万8800円、3TBが2万1000円、2TBが1万7600円、1TBが1万4300円。

「HDV-SAU3/V」シリーズの製品情報
「HDV-SQU3/V」シリーズの製品情報
「HD-LLU3-E」シリーズの製品情報
バッファローのWebサイト