PR

 産業用ロボット開発のファナックとシスコシステムズは2016年1月21日、工場内で稼働する産業用ロボットの稼働率の向上を目指して協業することを発表した。工場内の産業用ロボットから稼働状況に関するデータを収集して分析し、事前に故障などを検知する(写真)。ファナックは、自社製の産業用ロボットの故障を事前に検知して通知するオプションサービスとして提供する考えだ。2016年夏の提供開始を目指す。

 ファナックが開発する産業用ロボットはセンサーを搭載し、搭載するモーターやベアリングの稼働状況、損耗具合に加え、工場内の気温などを計測している。これらのデータを、工場内に設置したサーバーに収集して分析する。「ロボットが搭載する部品が2週間後に壊れる、といった予知を可能にする」(ファナックのロボット事業本部長 稲葉清典専務取締役)。ロボットからデータを収集するためのネットワーク環境はシスコシステムズが提供するスイッチやルーターを利用する。

写真●ファナックが提供する産業用ロボットの故障予知サービスのイメージ。北米のプロジェクトではプライベートクラウドを構築したが、日本では工場内のサーバー設置を想定する
写真●ファナックが提供する産業用ロボットの故障予知サービスのイメージ。北米のプロジェクトではプライベートクラウドを構築したが、日本では工場内のサーバー設置を想定する
(出所:ファナック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ターゲットとするのは、自動車メーカーだ。ファナックは月当たり約2500台の産業用ロボットを自動車メーカー向けに出荷しているという。これらのロボットに対してオプションサービスとして提供し、工場における生産ラインの停止時間の削減を狙う。

 既にファナックは米シスコシステムズと、自動車メーカーの北米工場で生産ラインの停止時間を削減するプロジェクトに取り組んできたという。データ分析のために、ファナックのプライベートクラウドをシスコシステムズが構築した。「12カ月間にわたって検証した結果、生産設備のダウンタイムをほぼ100%なくせるといった成果が得られた」(ファナックの稲葉専務取締役)。