PR

 サイバーエージェントは2016年1月21日、自社が運営するコミュニティーサービスの「Ameba」上で、映像配信プラットフォーム「AmebaFRESH!」の提供を同日に開始すると発表した。

 「AmebaFRESH!」は、サーフィンやバスケットボールなどのスポーツの試合中継やペットなどの動物の映像、麻雀や政治まで、様々なジャンルのコンテンツのライブ配信を行う。

 松竹やソニー・ミュージックアーティスツなど、コンテンツを保有する企業とコラボレーションしたチャンネルや、九州朝日放送やテレビ西日本、BS朝日、福岡放送、北海道放送、エフエム東京、ニッポン放送、文化放送などのテレビ局やラジオ局、小学館などの出版社、モデルプレスやオリコン芸能ニュースなどインターネットメディアによる公式チャンネルなどのコンテンツの配信も予定する。

 サービス開始時点で約200チャンネル、1000番組を用意する。2016年12月末には1000チャンネルまでの拡大を予定する。

 アーティストや著名人が登場するオリジナル番組の制作や生放送も推進する。サイバーエージェントグループが展開する様々な動画サービスの発信拠点である公開スタジオの「AmebaFRESH!Studio」を活用する。

 「AmebaFRESH!」では、「Ameba」が抱える月間4000万人を超える利用者に対してオススメ番組の提案や「アメーバブログ」や「Spotlight」などを活用して話題化を図ることで利用者の拡大を目指す。このほかに配信主となる事業者の受付も随時行うことで、チャンネルの拡充を行っていく。

 有料チャンネルの開設や動画への広告導入による配信主に対する収益還元、一般利用者による映像配信も予定する。2016年末までに日本最大級の映像配信プラットフォームに成長することを目指す。

 サイバーエージェントグループでは、この他にも新たな動画事業として、テレビ朝日と共同でインターネットテレビ局の「AbemaTV」を2016年2月にプレオープンし、4月に正式開局を実施する。「AmebaFRESH!」との連携も予定するとしている。

[発表資料へ]