PR
写真●LSPX-P1
写真●LSPX-P1
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは、家のさまざまな場所に投写できるポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」を2016年2月13日発売する(写真)。壁際に置いてその壁に投写できるほか、テーブルや床などにも投写できる。価格はオープン、予想実勢価格は9万3000円前後。

 片手でつかめる小型サイズのプロジェクター。独自開発の超短焦点レンズを採用し、壁にプロジェクター本体をぴったり付けた状態で22型の画面を投写できる。壁から本体までの距離によって画面サイズを変更でき、壁から約28cm話すことで最大80型の大画面で投写できる。オートフォーカス機能を備え、設置に手間がかからない。

 テーブル面や床にも映像コンテンツを投写する事が可能。本体に搭載した加速度(姿勢)センサーにより、テーブルやデスクに置いた時に投写画面が見やすいように画面の向きを自動回転させることができる。同こんのワイヤレスHDMIユニットを使えば、DBレコーダーやTVチューナー搭載機器、PCなどの映画やオンライン映像コンテンツなどをワイヤレスで視聴できる。

 3原色液晶シャッター当社方式を採用、有効画素数は1366×768ドット。光源はレーザーダイオードで、明るさは100ルーメン。内蔵リチウムイオンバッテリーで約2時間動作する。モノラルスピーカーを内蔵。ワイヤレス機能はIEEE802.11a/b/g/nとBluetooth 4.0(Bluetooth Low Energy)。本体寸法は幅81×高さ131×奥行き131mm、重さは約930g。

ソニーのWebサイト