PR

 仮想現実(VR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を手がける韓国Samsung Electronicsは、米ニューヨーク市にVRコンテンツ制作スタジオを開設する計画だ。同社が米ユタ州パークシティーで開催されているサンダンス映画祭で発表したと、米CNETが現地時間2016年1月22日に報じた。

 Samsung米国事業のMarc Mathieu最高マーケティング責任者は、新スタジオの詳細について明らかにしなかったが、マーケティング部門がある既存のオフィス内に設置すると述べた。

 おそらく、同スタジオで作られたVRビデオは、Samsungのマーケティングチームがプロモーションを行うと考えられる。

 Samsungはまた、サンダンス映画祭を主催する米Sundance Instituteと、映画制作者の育成に関して1年間のパートナーシップ契約を結んだことも明らかにした。

 VRはサンダンス映画祭でも注目のテーマになりつつあり、Samsungが昨年米国でリリースしたVRヘッドセット「Gear VR」(関連記事)の体験コーナーには行列ができたという。

 昨年の映画祭では、米Facebook傘下でVR HMDを手がける米Oculus VRの映画制作部門Oculus Story StudioによるVR短編映画「Lost」が上映された(関連記事)。Oculus Story Studioは現在VRアニメーション「Henry」を制作中で、春に「Oculus Rift」(関連記事)の出荷が始まるのに合わせて公開される見込み(米PCMagの報道)。