PR
出所:Android Official Blog
出所:Android Official Blog
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2016年2月4日、ウエアラブル端末向けプラットフォーム「Android Wear」の強化について発表した。スピーカーをサポートするほか、手首のジェスチャーによる新たな操作法を追加した。

 スピーカーを搭載したAndroid Wear搭載スマートウオッチでは、Bluetooth経由で連動するスマートフォンにかかってきた音声通話を受けたり、音声通話を発信したりできる。「Glide」アプリケーションなどの音声およびビデオメッセージを聞くことも可能。

 新たなジェスチャーによる操作では、腕を伸ばして振り上げる、または振り下げる動作をすることで、カードの詳細表示や設定、アプリケーションのメニュー表示が行える。また、簡単にウオッチフェイス画面に戻れる。

 さらに、音声命令で「Google Hangouts」「Nextplus」「Telegram」「Viber」「WeChat」「WhatsApp」を使ったメッセージの入力と送信が実行できる。例えば「OK Google, Send a WhatsApp message to Nathan: I’ll be right there(OK Google、NathanにWhatsAppメッセージを送信。今すぐ行きます)」などと話しかければ良い。

 これら新機能は、今後数週間かけて利用可能にする。

[発表資料へ]