PR

 日立情報通信エンジニアリングは2016年2月16日、ICカードを利用したPCログオン認証製品「SecureAegis(セキュアイージス)」の最新版を同日から販売開始したと発表した。マイナンバー制度のセキュリティ対策として、操作性や管理機能、業務アプリケーション連携、ログ管理機能など利便性を向上した。

 ICカードとパスワード、生体認証を組み合わせてパソコンへログインする際の認証ができる製品。社員証などのICカードをそのまま利用可能。認証管理に専用サーバーを使わずActive Directoryを利用できる。1台からでも導入できるスタンドアローン版も用意した。

 最新版では、SecureAegis管理ツールのみでActive Directoryサーバーのアカウントを変更できるようになった。これにより、部門管理者がシステム管理者の作業を待つことなく部門内の変更を直接行うことが可能。また、ICカードをタッチするだけの端末ロック、業務アプリとの認証連携によるなりすまし防止、認証ログの集中管理による証跡トレースなど機能を向上した。

 標準価格(税別)は、基本パックが1万2000円、認証サーバーライセンスが80万円、管理者キットが8万円。別途、導入支援費と保守費(ソフト価格の15%)がかかる。

日立情報通信エンジニアリングの発表資料へ