PR

 米Amazon.comは現地時間2016年2月16日、同社が昨年9月に米国で始めたレストラン料理の配達サービスについて、対象地域を米カリフォルニア州サンディエゴにも広げたと発表した。新たにサービスの対象となるのは、サンディエゴの16の郵便番号(ZIPコード)がカバーするエリアで、2月16日時点では約90店の飲食店が参加している。

 このレストラン料理のデリバリーサービスは、会員制プログラム「Amazon Prime」の加入者向けに提供している、最短1時間で商品を配達する「Prime Now」の一環として昨年9月に始めた。当初のサービス対象地域はAmazon.comの本社がある米ワシントン州シアトルだったが、その後、ロサンゼルス、シカゴ、オースティン(テキサス州)、ボルティモア(メリーランド州)、ポートランド(オレゴン州)に対象地域を拡大し、サンディエゴは7番目のサービス提供地域となる。

 このサービスはAmazon.comが無償で配布しているモバイルアプリ「Prime Now」で利用する。ZIPコードを入力してレストランを探したあと、メニューを選んで注文すると、Amazon.comの配送ドライバーが店で料理を受け取って顧客に配達する。配達までの所要時間は「1時間以内」としているが、Amazon.comによるとサービス開始からこれまでの平均配達時間は39分という。また料理にはサービス料を加えた特別価格などを設定せず、すべての注文の配達料は期間限定で無料にすると、Amazon.comは説明している。

 なお米Fortuneによると、この分野では買い物代行サービスの米Postmates、米Squareが買収した米Caviar、米DoorDashなどの企業が同様のサービスを提供しており、競争が激化している(関連記事:モバイルカード決済のSquare、フードデリバリーのCaviarを買収)。

 配車サービスを手がける米Uberにも「UberEats」というサービスがあり、同社は今年1月、これまで昼食時のみに対応していた同サービスを全米10都市で終日サービスに変更したと、同誌は伝えている。

[Amazon.comの発表資料へ]