PR
写真●マウスコンピューターのスティック型パソコン「m-Stick MS-CH01F」
写真●マウスコンピューターのスティック型パソコン「m-Stick MS-CH01F」
[画像のクリックで拡大表示]

 マウスコンピューターは2016年2月18日、IEEE 802.11ac無線LANとUSB 3.0に対応したスティック型パソコン「m-Stick MS-CH01F」を発売した(写真)。直販価格は2万1800円(税込み、送料込み)。

 液晶テレビやディスプレイのHDMI端子に直接接続して一体型PCのように使える。プロセッサーに4コア4スレッドで駆動する省電力SoCのインテルAtom x5-Z8300を採用。高負荷時でも安定して動作するよう冷却用マイクロファンを搭載した。

 2GBのメインメモリー、ストレージは32GBのeMMC、USB 3.0とUSB 2.0の端子を各1個、microSDメモリーカードリーダー、IEEE 802.11ac/a/b/g/n対応の無線LAN通信機能、Bluetooth 4.1通信機能を搭載する。OSはWindows 10 Home(32ビット版)。

 電源は給電専用のmicroUSB端子から供給。ACアダプターが付属する。本体の寸法は、幅113mm×奥行き39mm×高さ13mm(端子含まず)。重さは約62g。

製品情報
マウスコンピューターのWebサイト