PR
写真●Xiaomiの最新スマホ「Mi 5」
写真●Xiaomiの最新スマホ「Mi 5」
(出所:小米科技)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国Xiaomi(小米科技)は現地時間2016年2月24日、スマートフォンの最新フラッグシップ機「Mi 5」を発表した。5.15インチのディスプレイを搭載し、米Qualcommの「Snapdragon 820」プロセッサを採用する。

同社がFacebook上の公式ページに掲載した記事によると、Mi 5はAndroidベースの独自UI「MIUI」を搭載し、最大4Gバイトのメモリー、最大128Gバイトのストレージを内蔵する。

 1600万画素のメインカメラは4軸光学式手振れ補正機能付きで、フロントカメラは400万画素。指紋認証機能、NFC機能を搭載する。バッテリー容量は3000mAh。高速充電規格Quick Charge 3.0に対応する。

 端末サイズは幅69.20×高さ144.55×厚さ7.25mm、重さは129g。背面から両サイドに向かってなだらかに傾斜するデザインとセラミック素材であることを強調している。

 米メディア(The VergePCMagなど)の情報によると、Mi 5のディスプレイ解像度は1920×1080ドット、428ppi。3月1日に中国で販売を開始し、その後インドなど他の地域にも拡大する。希望小売価格は128Gバイトモデルの「Pro」エディションが2699人民元(日本円で約4万6000円)。標準エディション(3Gバイトメモリー)は32Gバイトモデルが1999人民元、64Gバイトモデルは2299人民元。なおセラミック素材はProエディションのみという。

 同社はこれまで、中国と、インドなど新興国でのみオンライン直販を展開し、米国や欧州向けにはデバイスを販売していない。しかし今回スペインのバルセロナで開催されている「Mobile World Congress」で製品発表を行ったことから、「もしかしたら、将来的に方針変更があるのではないか」と米Engadgetは報じている。