PR
写真●インフォテリア 代表取締役社長の平野洋一郎(左)と、BCファイナンス CEOのJeremy Kloiser-Jones氏(右)
写真●インフォテリア 代表取締役社長の平野洋一郎(左)と、BCファイナンス CEOのJeremy Kloiser-Jones氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 インフォテリアは2016年3月4日、ミャンマーの商業マイクロファイナンス最大手のBCファイナンスと、融資システムにブロックチェーン技術を応用する実証実験を行うことで合意した。

 BCファイナンスは2013年創業で、ミャンマー国内8つの州に16の拠点を置く。同社は融資システムをWindowsサーバー上で稼働させており、このシステムをプライベートブロックチェーンで代替できるかを検証する実証実験を、2016年6月までに始める。

 BCファイナンスCEO(最高経営責任者)のJeremy Kloiser-Jones氏は「我々が融資している顧客で返済が滞った例はなく、信用コストは低い。このため我々のビジネスでは、情報システムを含めた運用(operational)コストの削減が何より重要になる。新しいテクノロジーの導入でITの運用コストを引き下げたい」と語る。

 実証実験では、既存システムから融資・返済などの取引記録をインフォテリアのEAI/ESBソフト「ASTERIA WARP」で抽出し、テックビューロのブロックチェーンソフト「mijin」で構築したプライベートブロックチェーンに投入、既存システムと同等の処理ができるかを検証する。秘密鍵の管理を含めた処理はシステム内で実施し、融資先の顧客が秘密鍵を管理する必要はない。

写真●BCファイナンスでの融資業務風景
写真●BCファイナンスでの融資業務風景
(出所:BCファイナンス)
[画像のクリックで拡大表示]