PR
Credit: General Motors
Credit: General Motors
[画像のクリックで拡大表示]

 米自動車大手General Motors(GM)とモバイル端末用アプリを使った配車サービスを手がける米Lyftは現地時間2016年3月15日、Lyftドライバー向けのレンタカープログラム「Express Drive」を開始すると発表した。

 Lyftに登録しているドライバーに、GMの車を手頃な料金で貸し出す。今月中にシカゴで開始し、ボストンやワシントンD.C.、バルチモアなどにも拡大する。

 シカゴで提供される車種は「Chevrolet Equinox」。レンタル料は週あたり99ドル(保険、メンテナンス料込み)で、1週間の配車が65件以上では無料になる。借りられる期間は最長8週間。米Forbesの報道によると、レンタル料には走行距離1マイルにつき0.20ドルが加算されるが、配車が40件に達すると距離ベースの料金はLyftが肩代わりする。

 Lyftによると、シカゴでLyftのドライバー登録を希望したものの、条件を満たす車を持っていなかった人が6万人いたという。

 LyftとGMは今年1月、長期におよぶ戦略的提携を発表した(関連記事:GMがLyftに5億ドル出資、無人の配車サービス開発へ)。GMはLyftに対し5億ドルを出資し、取締役を派遣するほか、Lyftのサービス拡大を支援し、自律走行車を使った配車サービスの共同開発にも取り組む。

 Lyftは米国150市でサービスを展開し、1週間あたりの配車総数は100万件を超える。しかし世界60カ国で配車サービスを展開している米Uberに大きく水をあけられている(CNETの報道)。

[発表資料へ]