PR

 リクルートテクノロジーズの研究開発機能を担う「アドバンスドテクノロジーラボ(ATL)」は2016年3月17日、東京都内で「未来アミューズメントパーク」と題する仮想現実(VR)の体験会を開催した。ATLの技術を対外的に発表すると共に、フィードバックを得るための施策だ。

 ATLは「視覚・聴覚・触覚を刺激する、VRを超えたスーパーVR体験会」をテーマに掲げ、六つのアトラクションを用意した。その一つである「座間味ロケットジャンプ」では、東京にいながら沖縄県の座間味島周辺を飛び回っているような感覚を味わえる(写真1)。リクルートグループが展開するリゾート結婚式関連事業などに役立てることを目指す。

写真1●リクルートテクノロジーズが開発したVRアトラクション「座間味ロケットジャンプ」。「Oculus Rift」や扇風機などを組み合わせてリゾート地を体感できるようにした
写真1●リクルートテクノロジーズが開発したVRアトラクション「座間味ロケットジャンプ」。「Oculus Rift」や扇風機などを組み合わせてリゾート地を体感できるようにした
[画像のクリックで拡大表示]

 現地でドローン(無人飛行機)を飛ばして撮影したパノラマ動画を、ヘッドマウントディスプレイの「Oculus Rift」とヘッドホンで再生する。利用者が左右を向くと、その向きの風景が映し出される。

 ここまでは従来のVRと変わらないが、現実感を高めるために二つの工夫をした。まず、利用者の目の前には大型扇風機を配置。PC制御で利用者に風を送り、実際に空を飛んでいるかのような感覚を得られるようにしている。