PR

 米Facebook傘下のメッセージングアプリケーション「WhatsApp」は現地時間2016年4月5日、同サービスの完全暗号化を発表した。最新バージョンのWhatsAppでエンドツーエンドの暗号化を標準実装する。

 すべてのテキストメッセージ、写真、動画、ファイル、音声メッセージは暗号化されて送られ、受け取った人およびグループだけが閲覧および視聴できる。「サイバー犯罪者も、ハッカーも、圧政的政権も、我々でさえもメッセージの内容を見ることはできない」としている。

 さらにWhatsAppは、「暗号化は、新たなデジタル時代において、政府、企業そして個人が安全とセキュリティを推進する上で最も重要なツールの1つだ。近頃、暗号化サービスと法執行機関の任務について多くの議論が交わされている。人々の安全を守るために法執行機関が重要な役割を担っていることは理解しているが、暗号化を弱める取り組みは、人々の個人情報をサイバー犯罪者や悪質なハッカー、ならずもの国家によって悪用される危険にさらすことになる」と述べた。

 データ保護を巡っては、米Appleと米連邦捜査局(FBI)の対立が注目されたほか(関連記事:DOJがAppleとの訴訟を取り下げ、iPhoneロック解除に成功)、ブラジルでFacebook中南米事業の幹部がWhatsApp上の情報の開示要請に応じなかったとして捜査当局に一時身柄を拘束された(関連記事:Facebook幹部、ブラジルで身柄拘束 情報の非開示で)。

[発表資料へ]