PR
クリエイター向けパソコン「SENSE∞(センス インフィニティ)」
クリエイター向けパソコン「SENSE∞(センス インフィニティ)」
(出所:ユニットコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユニットコムは2016年4月8日、国内生産PCブランド「iiyamaPC」のクリエイター向けパソコン「SENSE∞(センス インフィニティ)」から、オートデスクの3D CADモデリングソフト「Autodesk Fusion 360」の3Dプリントデータ作成向けパソコンを同日発売したと発表した。第6世代Coreプロセッサー(開発コード名はSkylake」)を搭載し、同社の「パソコン実験工房」でAutodesk Fusion 360に最適なスペックを検証して製品化した。

 「Sen-M015-i3-HFS-Drafter 3D CAD」は、Core i3-6100プロセッサーとインテルH170 Expressチップセット、8Gバイトのメインメモリー、250Gバイト SSD、DVDスーパーマルチドライブの構成。グラフィックスはCPU内蔵。直販価格(税別)は7万980円から。

 「Sen-M015-i5-NXS-Drafter 3D CAD」は、Core i5-6500とインテルH170 Expressチップセット、16Gバイトのメインメモリー、150Gバイト SSD、DVDスーパーマルチドライブ、GeForce GTX 750 Tiグラフィックスの構成。同10万1980円から。

 「Sen-R017-i7-RMS-Drafter 3D CAD」は、Core i7-6700とインテルZ170 Expressチップセット、16Gバイトのメインメモリー、250Gバイト SSD、DVDスーパーマルチドライブ、GeForce GTX 960の構成。同13万9980円から。

 いずれもOSはWindows 10 Home(64ビット版)。Autodesk Fusion 360は付属しない。

「Sen-M015-i3-HFS-Drafter 3D CAD」の製品情報
「Sen-M015-i5-NXS-Drafter 3D CAD」の製品情報
「Sen-R017-i7-RMS-Drafter 3D CAD」の製品情報
ユニットコムのWebサイト