PR
製品の外観
製品の外観
(出所:エレコム)
[画像のクリックで拡大表示]

 エレコムは2016年4月19日、5GHz帯のIEEE802.11a/nと2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応した法人向けPoE無線アクセスポイントのエントリーモデル「WAB-S300」を5月上旬に発売すると発表した。希望小売価格は1万4800円(税別)。

 5GHzと2.4GHzでそれぞれ最大300Mbps(理論値)の切替通信が可能で、オフィス環境に合わせて使用できる。最大接続台数は5GHzと2.4GHzのいずれかで25台。壁面設置の際に邪魔にならない内蔵アンテナを搭載。PoE受電に対応し、近くにAC電源がなくてもLANケーブルを使って電源供給が可能。残りのLANポートを使ってネットワークの拡張も簡単に行える。

 5個まで設定可能なマルチSSID機能により、部署ごとのグループ分けや、VLANによるグループ分けが可能。許可されたユーザーのみネットワークに接続できるIEEE802.1x/EAP認証に対応し、RADIUSサーバーとの組み合わせでセキュアなネットワークを構築できる。来訪者に対して安全にインターネット環境を提供するゲストWi-Fi機能も備えた。

 動作時環境温度50度に対応するなど高耐久性・長寿命設計を採用。3年間のセンドバック保証を付属し、オプションでセンドバック延長保守やデリバリー保守にも対応した。本体寸法は幅178×奥行き183×高さ40mm、重さは約460g(本体のみ)。

[エレコムの発表資料へ]