PR
製品の外観
製品の外観
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2016年4月19日、4Kデジタルシネマカメラ「VARICAM」シリーズ用メモリーカードの新ラインアップ「expressP2カード・Bシリーズ」2製品を5月下旬に発売すると発表した。希望小売価格(税別)は、容量256GBの「AU-XP0256BG」が14万円、512GBの「AU-XP0512BG」が25万2000円。

 VARICAMシリーズは、映画・ドラマ・CMなどのハイエンド映像コンテンツ制作のためのカメラレコーダー。4K/120fps収録に対応した「VARICAM 35」、HD/240fps収録に対応した「VARICAM HS」に加えて、より小型軽量で4K/60fps収録に対応した「VARICAM LT」を3月末から出荷開始している。

 expressP2カードは、VARICAMシリーズ用の記録メディアとして、AVC-Intraコーデックでの4K映像(最大120fps)とHDハイフレームレート映像(最大240fps)の書き込みを保証する。信頼性で実績のあるP2カードをベースに、一般的なフラッシュメモリーでは訂正できないセクター/ページの誤りデータを復活させるRAIDシステムと同等の過ち訂正能力を搭載した。P2カードコネクターは、抜差回数3万回の耐久性を持つ。

 今回発表の新ラインアップBシリーズでは、現行モデルの約4倍のデータ転送速度となる最大10Gbpsのポテンシャルを持つ。また、容量512GBモデルでは、4Kで180分の長時間記録が可能で、VARICAM LTの登場により高まるドキュメンタリー用途での長時間記録に利用できるという。

[パナソニックの発表資料へ]