PR
「SD-WANは煩雑なネットワーク運用管理を簡単にする」と話す伊藤 信 営業部長
「SD-WANは煩雑なネットワーク運用管理を簡単にする」と話す伊藤 信 営業部長
[画像のクリックで拡大表示]

  リバーベッドテクノロジーは2016年4月26日、ネットワーク運用管理のための新製品「SteelConnect」を発表した。SteelConnectはLANとWANを接続するゲートウエイの装置と、クラウドを含めたネットワークの運用管理用ソフトウエアから成るパッケージ製品。ゲートウエイを離れた拠点に設置し、SD(ソフトウエア・デファインド)-WANと呼ぶ技術を使って「LAN」「WAN」「クラウド」のネットワークを一つの画面で運用管理できる。

 SD-WANはWAN接続をインターネット越しにソフトで制御できる技術。技術者は接続拠点に行かなくてもVPN接続や帯域分配など、ネットワークの運用管理ができる。SteelConnectのゲートウエイは、ファイアウォールやLAN接続などの設定もネット越しに行える。利用企業は装置に電源とネットワークケーブルを挿し込むだけで設置できる。

 ネットワークの運用管理は、専用ソフトを使う。利用企業はソフトを自社サーバーかクラウドに導入する。設置したゲートウエイの登録はIPアドレスではなく、拠点の住所を入力する。登録後は画面上の地図からゲートウエイをクリックして選択、設定や監視ができる。MACアドレスやポート番号といった値は不要。全てGUIで操作する。テクニカル・アライアンス・ディベロップメントマネージャーの中島幹太 氏は「全ての拠点に専門エンジニアを置ける企業はほとんどない。拠点数が多いほどコスト削減に効果的」と話す。

 リバーベッドはSteelConnectの機能拡張を予定している。2016年夏にはアプリケーションごとの帯域利用量を測定する機能追加や、アプリケーションやネットワークの問題を解析して可視化するソフト製品の「SteelCentral」を、同一画面で利用できるようにする。どのアプリケーションのどの処理がネットワーク帯域を使っているかを、運用管理画面から確認できるようになる。

 リバーベッドは導入を検討する企業にデモ動画の公開、仮想環境上でのネットワーク管理体験、試験運用を提供する。接続できるクラウドサービスは「AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)」。「Microsoft Azure」への対応は早ければ2016年夏という。