PR
Credit: Google
Credit: Google
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2016年5月12日、iOS向けのキーボードアプリケーション「Gboard」を発表した。iPhoneやiPadのキーボードから直接Google検索が行える。

 Gboardにより、ユーザーは使用中のアプリケーションから離れることなく、様々な情報を検索できる。

 例えば、メッセージングアプリケーションで友達とランチの計画を立てている場合、会話を続けながら目当てのレストランを検索し、友達にその店の場所を教えられる。従来のように、メッセージングアプリケーションを閉じて検索エンジンを起動し、レストランの住所を調べて再びメッセージングアプリケーションに戻るといった手間をかけずに済む。

 キーボードの左上に表示される「G」マークをタップし、キーボードで店舗情報やフライト情報、ニュース記事などを手軽に調べられる。検索結果はカード形式で表示され、目的の検索結果をタップしてすぐに送信できる。

 また、様々な絵文字候補をスクロールせずに、特定の絵文字を即座に見つけられる。キーワードからGIFアニメを検索することも可能。

 Gboardは、キーボード上で指を滑らせながら入力する手法「Glide Typing」を採用する。米国ですで「App Store」を通じて公開しており、当初は英語のみ対応する。

[発表資料へ]