PR

 米Microsoftは現地時間2016年5月18日、多機能携帯電話(フィーチャーフォン)関連の資産を中国FIH Mobile(富智康集団)とフィンランドHMD globalに3億5000万ドルで売却することとで合意したと発表した。2016年後半に手続きを完了する見込み。

 Microsoftはブランド、ソフトウエア、サービス、ケアネットワークのほか、顧客契約や主要なサプライ契約を含むほぼすべてのフィーチャーフォン事業資産を譲渡する。

 台湾Hon Hai Precision Industry(鴻海精密工業)傘下の中国Foxconn Technology(富士康科技)の子会社であるFIH Mobileは、ベトナムのハノイにある製造施設Microsoft Mobile Vietnamも獲得する。

 一方、HMD globalは新たに設立された非公開企業で、フィンランドNokiaの元幹部らが中心となって運営する。フィーチャーフォンにNokiaブランドを使用する権利とデザインに関する権利をMicrosoftから取得する。

 手続き完了後、Microsoftフィーチャーフォン事業の約4500人の従業員は、現地のコンプライアンス規定に従ってFIH MobileまたはHMD globalに異動するか、入社する機会を与えられる。

 Microsoftは引き続き「Windows 10 Mobile」の開発と、「Lumia」スマートフォンおよび、OEMパートナーによるスマートフォンのサポートを行う。

 HMD globalはNokiaの技術ライセンス事業であるNokia Technologiesとのライセンス契約により、今後10年間にわたってスマートフォンおよびタブレット端末にNokiaブランドと携帯関連の標準必須特許を使用する。

 また、今後3年間に5億ドル以上を投じてNokiaデバイスのグローバルマーケティングを展開する。端末の製造ではFIH Mobileの協力を得る。将来のNokiaスマートフォンおよびタブレットではAndroidを採用する予定。

[発表資料(Microsoft)]
[発表資料(Nokia)]