PR

 米Microsoftと傘下のスウェーデンMojangは現地時間2016年5月20日、Mojangの人気ビデオゲーム「Minecraft」の中国本土向け提供に関して中国ポータル大手NetEase(網易)と提携すると発表した。

 5年間の排他的提携のもと、NetEaseはMojangからライセンスを受け、Minecraftのポケット版およびPC版を中国本土で展開する。またMojangは、Minecraftの中国向けバージョンを開発し、NetEaseを通じてリリースする。

 Mojangは2014年にMicrosoftが25億ドルで買収した(関連記事:MicrosoftがMinecraft開発元を25億ドルで買収へ)。2009年にリリースされたMinecraftは世界中で人気が高く、現在、登録ユーザーは1億人以上にのぼるという。

 MojangのJonas Martensson最高経営責任者(CEO)は「我々は常に世界中の新しいゲームプレイヤーがMinecraftに参加するのを歓迎している」と述べた。

 一方NetEaseのWilliam Ding創業者兼CEOは「中国市場を深く理解し、世界的なオンラインおよびモバイルゲームの立ち上げに成功している我々は、Minecraftを中国の膨大なユーザーに紹介するための強力なプラットフォームを提供できる」とコメントした。

 なお、ライセンス料の金額や中国向けリリースの時期などについては明らかにしていない。

[発表資料(1)] [発表資料(2)]