PR
中国Xiaomiのドローン「Mi Drone」
中国Xiaomiのドローン「Mi Drone」
(出所:Xiaomi)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国Xiaomi(小米科技)は現地時間2016年5月25日、独自ブランドのドローン「Mi Drone」を発表した。4Kまたは1080p対応カメラを搭載し、希望小売価格はそれぞれ2499人民元(約4万2000円)と2999人民元(約5万円)。

 同社は先週、Xiaomi製品関連の公式フォーラムにティザー画像を掲載し、ドローンの発表を予告していた(関連記事:Xiaomi、5月25日にドローン製品を発表か)。

 Mi Droneは、「クアッドコプター」(ローター4基)タイプで本体の下部にカメラを搭載する。4Kモデルは1200万画素のソニー製センサーを採用し、4K(3840×2160)ビデオとRAW静止画の撮影が可能。

 重量は149g。バッテリー容量は5100mAhで、連続飛行時間は最長27分間。正確な位置情報を取得するためにGPSとGLONASSをサポートし、ビジュアルポジショニングシステムを搭載する。

 自動帰還機能を備え、通信圏内から外れた場合やバッテリー残量が少ないことを検知した場合に自動で元の離陸地点に戻る。

 Mi Droneの製造は中国Flymi(飛米)が手がける。

 1080pモデルは、「Mi Home」アプリケーションでクラウドファンディングを実施し、5月26日に提供を開始する。4Kモデルは7月終わり頃、公開ベータプログラムを通じてテスター向けに提供する(米The Vergeの報道)。

 米MashableはMi Droneの特徴として価格競争力の高さを指摘している。4Kモデルは米ドルに換算すると約456ドルになるが、中国大手ドローンメーカーDJIの4Kカメラ搭載クアッドコプター型ドローン「Phantom 3」は中国で3999人民元、米国では約800ドルで販売されている。

[発表資料へ]