PR

 米Amazon.comが、米Appleや英Spotifyのサービスと競合する月額制の音楽配信サービスを準備していると、複数の海外メディアが現地時間2016年6月10日までに英Reutersの報道を引用して伝えた。

 新サービスの料金設定は月額9.99ドルで、競合大手と同じ。Amazon.comはこのサービスを2016年の夏の終わりか秋口にも立ち上げる見通しだと事情に詳しい関係者は話している。同社は現在、レコードレーベルとライセンス契約をまとめている段階だという。

 Amazon.comはPrime会員向けの特典として、追加料金なしの聴き放題音楽配信サービス「Prime Music」を提供しているが、新サービスは、独立した単体サービスとして提供するという。Amazon.comが現在Prime Musicで配信している楽曲の数は約100万曲。これに対しAppleのApple MusicやSpotifyのサービスは3000万曲以上を提供している。

 米The Vergeは、デジタルコンテンツやeコマースのワンストップ・ショップを目指すAmazon.comにとって、包括的な音楽サービスは必要不可欠だとしている。

 さらにThe Vergeは、新サービスがAmazon.comの音声アシスタント機器「Echo」のサービス拡充につながると伝えている。Echoでは現在Primeの音楽サービスを利用できる。しかしその楽曲の数は少なく、Amazon.comは音楽配信サービスの顧客満足度向上を図るうえで、ライバルのSpotifyに依存しているとThe Vergeは伝えている(関連記事:Amazon.comの音声アシスタント「Echo」、Spotifyの音楽サービスに対応)。