PR

 野村総合研究所(NRI)は2016年6月13日、(1)仕組債や店頭デリバティブの「期日管理」と、(2)金融取引や企業活動から派生する「資金管理」、以上二つの機能をSaaS型で提供するサービス「VOLCS(フォルクス)」()を発表した。主として金融機関向けに提供する。価格は非公開で、出来高制などを採用している。

図●多目的管理システム「VOLCS」の提供サービスイメージ
図●多目的管理システム「VOLCS」の提供サービスイメージ
(出所:野村総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 (1)の期日管理機能の背景には、仕組債や店頭デリバティブは期日管理が複雑という状況がある。投資家に向けた金額計算や決済日管理には精緻さが求められるため、金融機関にとって負荷が高いという。VOLCSを使うと、業務負荷を大幅に低減できるとしている。

 例えば、期日管理においては、日々の利金や償還金の計算、複数の判定条件をにらみながらのオプショナル条項のモニタリング、海外休日の変更情報の入手と自社の取扱銘柄への影響有無の確認などが必要になるという。期日管理機能を使うと、これらの監視をシステム化できる。

 (2)の資金管理機能の背景には、市況変動や日銀の政策変化、企業活動の多様化にともない、金融機関や機関投資家において資金繰りや調達、決済など資金管理の重要性が高まっているという状況がある、加えて、リスク低減の観点から、決済の迅速性が求められている。VOLCSは、社内に散在する資金データを一元管理し、迅速な資金繰りと正確な資金決済を支援するという。

 例えば、資金管理業務を標準化するための標準フローを提供する。手作業による管理から脱却できる。また、システム同士を自動的にメッセージ連携させるSTP(ストレートスループロセッシング)の仕掛けを提供する。さらに、円貨とその他の通貨を一元管理することによって、外貨と円貨の移動を即時にデータに反映する。