PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは米カリフォルニア州サンフランシスコで開幕した世界開発者会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」において現地時間2016年6月13日、モバイルOSの次期版「iOS 10」を発表した。メッセージアプリケーションを大幅に向上し、写真や地図アプリケーションなども機能強化を図った。また、噂通りパーソナルアシスタント「Siri」を開発者に公開する。

 メッセージアプリケーションはより豊かな表現を楽しめるようにした。記念日など特別なときに、会話画面全体に風船や紙吹雪、花火などのアニメーションを表示できる。「invisible ink」と呼ぶ機能は、メッセージや写真を見えない状態で送信し、受信者が指でこするとはっきり現れる。

 手書き文字を送信したり、単語を絵文字に変換したり、相手のメッセージにハートやサムアップ(いいね)などのアイコンを付けたりできる。会話から離れることなく、リンク先のコンテンツの閲覧やメディアの再生も可能。「App Store」から、スタンプ機能、画像加工機能、送金機能などを手軽に追加できる。

 また、開発者がSiriを利用したアプリケーションを構築するための開発キット「SiriKit」を用意する。開発者は、音声による通話発信、写真検索、配車リクエスト、送金といった機能をアプリケーションに追加できる。車載情報システム「CarPlay」対応のアプリケーションでも、Siriの活用が広がるとしている。

 そのほかiOS 10では、地図アプリケーションをよりシンプルで使いやすいデザインに変更した。写真アプリケーションでは、「Memories」と呼ぶ新機能が、写っている人物や撮影した場所などに応じて自動的に写真あるいは動画をまとめ、思い出のアルバムとして表示する。

 「QuickType」キーボードは、Siriが予測を補助することにより、より精度の高い入力候補を提示する。新たな「Home」アプリケーションでHomeKit対応製品を一元的に管理できる。

 iOS 10は、開発者向けプレビュー版の提供を同日開始する。パブリックベータ版は7月、正式版は秋に無償リリースする予定。

 同時に発表したスマートウオッチ向け次期OS「watchOS 3」は、アプリケーションの起動を大幅に高速化した。「Dock」により、直近で使用したアプリケーションや頻繁に使用するアプリケーションにすばやくアクセスできる。上方向へのスワイプで「Control Center」を、下方向へのスワイプで「Notification Center」を表示し、水平方向のスワイプで文字盤を切り替えるなど、ナビゲーションの向上も図った。

 watchOS 3は、「Apple Watch」ユーザーを対象に、秋に無償アップデートを提供する。

[発表資料(iOS 10)] [発表資料(watchOS 3)]