PR
RICOH Interactive Whiteboard D8400
RICOH Interactive Whiteboard D8400
オプションのコントローラー及び別売スタンドを装着したもの(出所:リコー)
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーは2016年6月15日、84型4K(3480×2160ドット)液晶ディスプレイ「RICOH Interactive Whiteboard D8400」を6月24日に発売すると発表した。大規模会議室や企業の受付、公共施設・イベント会場でのインフォメーションボードなどの用途を想定した。価格はオープン、予想実勢価格(税別)は132万円前後。

 広視野角のIPSパネルを採用し、窓からの光や照明の映り込みを防ぐ処理と、ブルーライトカット機能を搭載した。また、ピクチャーインピクチャー機能などを利用できる。別売オプションのコントローラーを接続することで、ホワイトボード機能やインタラクティブ機能に対応する。

 輝度は308cd/平方メートル、コントラスト比は1400対1、視野角は上下・左右とも178度。応答速度は5ms。タッチ機能は赤外線方式で、最大10点マルチタッチに対応する。入力端子は、アナログRGBが1系統、HDMIが1系統、DVI-Dが2系統、DisplayPortが1系統。各12Wのステレオスピーカーを内蔵する。本体寸法は幅1935×奥行き131×高さ1134mm、重さは約104kg未満(本体のみ)。

製品情報
リコーのWebサイト