PR
スマートフォンでも「PAY ID」を利用できる
スマートフォンでも「PAY ID」を利用できる
(出所:BASE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ECサイト開設・運営支援を手掛けるBASEは2016年6月27日、一度ログインすれば複数のWebサイトで決済ができるID決済サービスを始めたと発表した。ECサイトなどの購入者はあらかじめクレジットカード情報を登録。以後はIDとパスワードを一度入力するだけで、異なるサイトでカード情報を入力し直すことなく決済できる。カード情報はBASEが管理するため、ECサイト運営企業は最小限の負担でID決済を導入できる。

 名称は「PAY ID」。ECサイトにクレジットカード決済機能を導入する既存サービス「PAY.JP」に、新機能として追加した。PAY.JPを利用する企業や個人は、追加費用無しで新機能を利用できる。PAY.JPの利用料金は、決済金額の3%。

 PAY IDを導入したサイトでは、IDとパスワードを入力するだけで決済できる。利用者はカード情報や商品配送先の情報などを入力し直す必要はない。まずBASEのECサイト開設サービスを使う20万店舗がPAY IDを導入する。BASEは他のECサイトをはじめ、課金処理をする様々なWebサイトへの導入を促し、「ネット上で買い物をする、カネを払うという行為を、できる限りシンプルにしていく」(鶴岡裕太社長)。