PR

 米Facebookは現地時間2016年6月29日、ニュースフィードにおけるコンテンツ表示のランキングに関して、友だちや家族による投稿を優先するよう変更を加えると発表した。

 Facebookのニュースフィード製品管理担当バイスプレジデントのAdam Mosseri氏は、「Facebookは人々を友だちや家族につなげるという発想からサービスを構築した。この発想は今でもニュースフィードの主要な原則となっている。ユーザーが心に留めているであろう友だちや家族の投稿を見逃さないために、そうした投稿をニュースフィードの上位に掲載する」と説明した。

 また、ニュースフィードはあらゆるアイデアのプラットフォームであるとし、「当社は世界(の人々)が読むべき問題を選定しようなどと考えていない。我々が従事しているのは、人々とアイデアを結びつけること、人々が最も重要だと思う記事に引き合わせることだ」と述べた。

 Facebookは先月、「Trending」のリストから保守系の記事を排除するよう操作していたと報じられ、非難を浴びた。同社はその後「組織的な政治的偏向の証拠はなかった」とする社内調査結果を報告している(関連記事:Facebook、Trending問題で「政治的偏向の証拠なし」と報告)。

 なお、今回の変更が企業やブランド、パブリッシャーなどに与える影響については、「一部の公式ページのリーチや参照トラフィックは減少する可能性があるが、視聴者の構成によって影響の度合いは異なる」(FacebookエンジニアリングディレクターのLars Backstrom氏)と述べている。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]