PR
スマカメ アウトドア(型番:CS-QR300)
スマカメ アウトドア(型番:CS-QR300)
(出所:プラネックスコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラネックスコミュニケーションズは2016年6月30日、ネットワークカメラ「スマカメ」シリーズの新製品として、屋外に設置できる防雨型の「スマカメ アウトドア」(型番:CS-QR300)を7月7日に発売すると発表した。微弱な光でも検出できる高感度CMOSセンサーを搭載し、月明かり程度の明るさでカラー撮影できる。価格はオープン、予想実勢価格(税込み)は2万9800円前後。

 100万画素CMOSセンサーを採用し、720p(1280×720ドット)の映像を撮影できる。フレームレートは最大15fps。最低被写体照度は0.1ルクス。赤外線を使わないため、乳幼児の撮影にも安心して使えて、ガラス窓越しでも暗所を監視できる。水平画角99度の広角レンズにより、1台で幅広い撮影領域をカバーした。動画の圧縮形式は高画質・高圧縮率のH.264で、通信量を抑えた。

 カメラの映像に動きがあった場合に録画を開始したりスマートフォンに通知したりする動体検知機能、自動録画データのなかから目当ての画像を簡単に検索・再生できるスマートプレイバック機能を搭載した。常時録画に対応し、メモリーカード容量がいっぱいになっても上書き録画できる。32GBのmicroSDカードで、約1週間分の映像を録画できる。

 IPX3(鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない)相当の防水性能を備え、これまで屋内用のカメラでは設置できなかった、玄関軒下など雨に濡れる可能性のある場所にも設置できる。スタンドの取り付けネジには一般的なカメラ用三脚ネジを使用し、設置場所に応じて多くのカメラ用スタンドが利用できる。

 電源ケーブルとLANケーブルを1本にまとめたスプリットケーブルが付属し、LANケーブル1本だけで屋外から屋内に引き込むことができる。また、IEEE 802.11b/g/n無線LANに対応する。本体寸法は幅81×高さ175×奥行き50mm、重さは約260g(スタンド含む)。

製品情報
プラネックスコミュニケーションズのWebサイト