PR

 NECは2016年7月1日、オープンソース(OSS)の技術支援を専門とする組織「OSS Technology Centre」を、インドのNECテクノロジーズ・インド(NTI)内に同日付けで設置したと発表した。グローバル各国にあるNECの現地法人が請け負ったSI案件を対象に、SE(システムエンジニア)を後方から支援する。

 APAC(アジア太平洋)地域を中心とするグローバル各国においてOSSを用いたシステム構築サービスの質を高める取り組みである。新組織は、OSSによるシステム構築の実績とスキルを持つ要員約50人の体制で活動を開始。ユーザー企業の海外拠点のシステムを構築する際に、OSSベンダーと連携しながら迅速に支援するという。

 特に、クラウドやSDN(ソフトウエアデファインドネットワーク)などの領域において強く支援する。OpenStackベースの開発においては、SDN/NFV(仮想アプライアンス型のネットワーク機器)やコンテナ、PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)などの新機能の開発を進め、OSSコミュニティへ提供していくとしている。

 国内では、同様の目的を持った組織として「OSS推進センター」がある。