PR

 米Microsoftは現地時間2016年7月6日、新たなクラウド製品「Microsoft Dynamics 365」を発表した。現在クラウド環境で提供しているCRMサービスとERPサービスを1つにまとめたもの。今秋リリースする。

 Dynamics 365は、財務、フィールドサービス、営業、経営、マーケティング、顧客サービスなど、業務別のアプリケーションをそろえており、個別の導入が可能。当初は必要な機能だけ導入し、ニーズに合わせて機能を追加できる。

 同社のBIツール「Power BI」およびデータ解析基盤「Cortana Intelligence」とのネイティブな統合により、予測的洞察、規範的助言、次にとるべき実行可能な手段などを提示し、ユーザーの目標達成を支援する。

 例えば、営業担当者は顧客が次にどのような商品やサービスを必要とするか予測したり、フィールドサービス担当者は発生のおそれがあるトラブルに事前に対処したりできる。

 また、「Office 365」と共通のデータモデルを採用し、ビジネスアプリケーションの構造化ワークフローと、プロダクティビティーツールの非構造化作業の密な連動を実現する。例えば営業担当者は、顧客から電子メールを受け取り、Outlookを離れることなく、財務や営業向けアプリケーションのデータに基づいた見積を作成して返信できる。

 さらにMicrosoftは、ビジネスユーザーが同社およびパートナーのビジネスアプリケーションやサービスを効率的に見つるための「AppSource」を開設した。

[発表資料へ]