PR
仏EASY MILE社のEZ10
仏EASY MILE社のEZ10
出所:NTTドコモ
[画像のクリックで拡大表示]

 九州大学とNTTドコモ、ディー・エヌ・エー(以下DeNA)、福岡市の4者は、九州大学伊都キャンパス内で自動運転バスサービスを実用化し、2018年度下期に開始する。4者は7月8日、同サービス実現を目的とした「スマートモビリティ推進コンソーシアム」の設立に合意したと発表した。

 同コンソーシアムでは、車両のハンドルやアクセル、ブレーキを運転手が操作せずに走る自動運転に必要な走行技術、通信ネットワークや人工知能を活用した安心・便利なサービスの技術開発や実証実験などを進め、自動運転バスサービスの早期実用化を目指す。

 具体的な技術開発は、見通しの悪い交差点の道路に設置したセンサーによって車両カメラから認識できない車や人を察知して車両と遠隔監視センターに伝えて安全を確保する「路車間協調技術」、バス車内のサイネージを通じて運賃や目的地への行き方などを案内する「音声エージェント技術」、乗降数予測に基づいて最適ルートで運行し時間短縮を図る「運行管制技術」など。

 九州大学伊都キャンパスは、面積275ヘクタールの私有地。キャンパス内の道路には坂や信号があり、バスや乗用車、2輪車、自転車、歩行者など多数の往来が伴うため、公道に近い環境での技術の確立・ノウハウの蓄積が可能とする。車両は仏EASY MILE社のEZ10(写真)が有力だが決定ではないという。

 4者は、同コンソーシアムを通じて得た技術・ノウハウを活用することで、人口減少・高齢化社会における運転手不足、地域による交通の供給不足などの社会的課題の解決に向けて貢献したい考え。

九州大学のWebサイト
NTTドコモのWebサイト
DeNAのWebサイト
福岡市のWebサイト