PR

 ウイルス対策ソフトを手掛けるチェコ共和国のアバスト・ソフトウエアは2016年7月7日(米国現地時間)、競合他社であるオランダのAVGテクノロジーズを買収することで両社が合意したと発表した。アバスト・ソフトウエアは、AVGテクノロジーズの発行済普通株式のすべてを、1株当たり25ドルの現金で購入する。取引総額は約13億ドル。

 買収の目的は、ユーザー数の拡大、技術の獲得、展開地域の拡大、など。ソフトウエアのインストール台数は両社合算で4億台となり、そのうち1億6000万台はモバイル端末。これらのエンドポイントが、マルウエア情報を収集するセンサーとなる。インストール台数が増えることで、新たなマルウエアが出現した際に、より早く情報を共有して対処できるようになるとしている。

 両社は、ともにチェコ共和国で設立された企業である(AVGテクノロジーズは本社をオランダに移行)。いずれも、無料版のウイルス対策ソフトや、有償版のスイート製品などを提供している。アバスト・ソフトウエアの最高経営責任者であるヴィンス・ステックラー氏は、共通の文化を持った両社が組み合わされることによって、「IoT向けセキュリティなど、今後の新たな機会を生かすための絶好のポジションを得ることができる」と述べているという。