PR

 韓国Samsung Electronicsは現地時間2016年7月13日、大画面スマートフォン「Galaxy Note」の次期モデル「Galaxy Note7」を来月披露すると発表した。米ニューヨーク市で東部時間8月2日午前11時から製品発表イベント「Unpacked」を開催する。イベントの様子は同社サイト(www.samsung.com)でライブストリーミングする予定。

 Galaxy Noteの現行モデルは「Galaxy Note5」だが、番号を1つ飛ばして「7」にすることについて同社は、最新フラッグシップ機「Galaxy S7」および「同S7 edge」と揃え、製品ポートフォリオの統一を図ることなどを理由に挙げた。また、「当社の最新モバイル技術に対する混乱を最小限にとどめるため」とも述べている。

 米The Vergeは、秋に米Appleが発表するであろう「iPhone 7」(通称)への対抗心の表れとも見ている。Galaxy Note7はスクリーンの両サイドに曲面ディスプレイを採用するとの情報があるほか、虹彩認証機能の搭載も噂されている。送付済みのイベント招待状には、スタイラスペン「S Pen」のシルエットを円形(放射状)に配置した図が施されており、虹彩を意味しているとも考えられる。

 そのほかGalaxy Note7に関しては、ディスプレイは5.7または5.8インチ、CPUは米Qualcommの「Snapdragon 823」、メモリー容量は4Gバイトまたは8Gバイト、メインカメラは1200万画素、IP68レベルの防水防塵仕様といった情報がある(米PCMagの報道)。

[発表資料へ]