PR
写真1●東京・お台場で披露されたIngressバス「NL-PRIME」
写真1●東京・お台場で披露されたIngressバス「NL-PRIME」
[画像のクリックで拡大表示]

 高速バスを企画・運行するWILLER ALLIANCE(東京・新宿)と、位置情報を活用したスマートフォンゲーム「Ingress(イングレス)」を運営する米ナイアンティック(Niantic)は2016年7月16日、東京・お台場で開催されたIngressの公式イベント「Aegis Nova(イージスノヴァ)」会場で、新型バス「NL-PRIME」を披露した(写真1)。

 既に予約受付中で、翌17日から、南関東エリアで運行を始めた。10月までは原則として水・金・土・日・祝日にコースを変えながら運行する。

写真2●NL-PRIMEの社内。左下に見えるプロジェクターなどを使ったアトラクションを楽しめる
写真2●NL-PRIMEの社内。左下に見えるプロジェクターなどを使ったアトラクションを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●各席にはジョイスティックと、前の背もたれに埋め込んだタブレットがある
写真3●各席にはジョイスティックと、前の背もたれに埋め込んだタブレットがある
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●NL-PRIME限定メダルを掲げる米ナイアンティックの川島優志アジア統括本部長
写真4●NL-PRIME限定メダルを掲げる米ナイアンティックの川島優志アジア統括本部長
[画像のクリックで拡大表示]

 NL-PRIMEは外装にIngressのラッピングが施されている。内部は通常の窓などを取り払い、各席のタブレットや、大型プロジェクターでIngressの世界観に基づいたアトラクションを実施しながら運行する(写真2、写真3)。

 ナイアンティックの川島優志アジア統括本部長(写真4)は、「バスの中にはさまざまな仕掛けがあり、Ingressの世界に没入できるように工夫している。バスに同乗した人同士がリアルの場でコミュニケーションを取れる仕掛けも用意。Ingressの世界観を体現した」と説明した。バスに乗車すると、Ingressで使える限定メダルを入手できる特典もある。