PR
写真●「モーションセンシングユニット」の外観
写真●「モーションセンシングユニット」の外観
(出所:パナソニック)
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2016年7月19日、産業用ロボットやサービスロボットなどの姿勢検出・位置推定を行う「モーションセンシングユニット」を開発したと発表した(写真)。高精度なセンシング機能と独自アルゴリズムを組み込んだユニットで、あらかじめ顧客の用途に応じたパラメータ値を設定した状態で提供することが可能。2016年末にサンプル出荷を開始する予定。

 ロボットメーカーが、ロボットに高精度なモーションセンシング機能を搭載するためには、ジャイロセンサーや加速度センサーなどのデバイスを購入し、それらを制御するためのソフトウエアを開発する必要がある。高精度な姿勢情報を得るために必要となるソフト設計は負担が大きいとされており、開発期間や費用の増大を招いているという。モーションセンシングユニットを利用することで、ロボット開発の負担を軽減できる。

 高精度加工したシリコンMEMS検出素子を採用したジャイロセンサーと加速度センサーを搭載。合わせて、これまで困難だった高速応答と高精度検出を両立した独自アルゴリズムを組み込んだ。XYZ方向の3軸回転運動と3軸直進運動を合わせた6軸検出に対応する。

 開発品の仕様は、姿勢検出精度が0.2deg(XY軸)、1.0deg(Z軸)。角速度計測範囲は±300dps(XYZ軸)、加速度計測範囲は±2.9G(XYZ軸)、出力周期は1ms。通信インタフェースはUART、SPI。本体寸法は縦74×横49×高さ16mm。

パナソニックのWebサイト