PR

 米Microsoftが現地時間2016年7月19日に発表した2016会計年度第4四半期(2016年4~6月)の決算は、前年同期の赤字から黒字に回復し、市場予想を上回った。クラウドサービス「Azure」が引き続き大きな伸びを見せた。

 米国会計原則(GAAP)ベースの売上高は206億1400万ドルで、前年同期比7%減少した。純利益は31億2200万ドル、1株当たり純利益は0.39ドル、営業利益は30億8000万ドルとなった。前年同期は純損失として31億9500万ドル、1株当たり純損失として0.40ドル、営業損失20億5300万ドルを計上していた。

 繰延収入などを調整した非GAAPベースの場合、売上高は前年同期比2%増の226億4200万ドルとなる。純利益は同8%増の54億8400万ドル、1株当たり純利益は同11%増の0.69ドル、営業利益は同3%減の62億1800万ドルだった。

 アナリストらは、非GAAPベースの売上高として222億ドル、1株当たり利益として0.58ドルを予想していた(米Forbesの報道)。

 事業別区分ごとの業績を見ると、OfficeやDynamicsを含む「Productivity and Business Processes」の売上高は69億6900万ドルで、前年同期比5%増加した。

 企業向けOffice製品およびサービスによる収入が5%増え、中でも商用Office 365は54%成長した。消費者向けOffice製品およびサービスは19%増収し、Office 365のサブスクリプション総数は2310万人となった。

 企業向けソフトウエアおよびサービスを含む「Intelligent Cloud」の売上高は67億1100万ドルで、前年同期から7%増加した。サーバー製品およびクラウドサービスの収入は5%増加し、Azureは102%増と2倍以上に拡大した。

 Windowsライセンス、モバイル端末、Xbox関連、検索サービスを含む「More Personal Computing」の売上高は88億9700万ドルで、前年同期比4%減少。WindowsのOEM収入は27%増加した。Surface関連の収入が9%増えた一方、携帯電話の収入は71%落ち込んだ。トラフィック獲得費用(TAC)を除いた検索広告収入は16%増加。「Xbox Live」の月間アクティブユーザーは前年同期から33%増え、4900万人となった。

 同時に発表した2016会計年度通期(2015年7月~2016年6月)の決算は、GAAPベースの売上高が853億2000万ドル、純利益が167億9800万ドル(1株当たり純利益が2.10ドル)、営業利益が201億8200万ドル。非GAAPベースの場合、売上高が919億6300万ドルで、純利益が223億2800万ドル(同2.79ドル)、営業利益が279億3500万ドルとなる。

 予想を上回る決算発表を受け、Microsoftの株価は時間外取引で一時4%以上、上昇した。

[発表資料へ]