PR

 TISは2016年7月22日、カード会員がスマホアプリで決済カードの利用管理ができるクラウドサービス「CARD×DRIVE」(カードドライブ)を提供開始した。標準機能をパッケージ化しており、カスタマイズして導入する。本サービスの利用によって、カード事業者は自社ブランドのスマホアプリを最短1カ月で提供できるとしている。

画面1●CARD×DRIVEのスマホアプリ画面の例
画面1●CARD×DRIVEのスマホアプリ画面の例
(出所:TIS、Kyash)
[画像のクリックで拡大表示]
画面2●カード利用履歴の確認画面
画面2●カード利用履歴の確認画面
(出所:TIS、Kyash)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の特徴は、カードが使用されたときにプッシュ通知でリアルタイムに知らせることができる点。プッシュ通知のルールは、スマホアプリの画面から設定できる。例えば、カードが使われた全ての場面で通知したり、海外でカードが使われた場合に通知したり、設定額を超えて使われた場合に通知したり、といったルールを設定できる。

 本サービスでは、必要な標準機能を備えた標準アプリを、ホワイトラベル版として提供する。カード事業者は、ロゴやデザインの一部を変更するだけで、自社アプリとして短期にリリースできる。既にスマホアプリがある場合は、既存アプリにCARD×DRIVEの機能を組み込むことも可能だ。

 プッシュ通知機能は自社開発ではなく、Kyash(東京都港区)が提供する「Kyash社システム」をAPI経由で利用する。同システムは、プッシュ通知、履歴閲覧、レコメンド配信などの機能を提供する。

 CARD×DRIVEの価格(税別)は、導入費用が600万円。ソフトウエアライセンスは500万円からで、登録カード1枚当たり年額50円の維持費がかかる。販売ターゲットは決済カード事業者で、販売目標は2020年までに20社。