PR
「どこでも日本 Duet」
「どこでも日本 Duet」
(出所:プラネックスコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 プラネックスコミュニケーションズは2016年7月22日、世界中どこからでも複雑な設定不要で日本と同じWebサービスが利用できるVPN機器の新モデル「どこでも日本 Duet」(型番:MHC1000)を7月26日発売すると発表した。長期滞在者向けに通信性能を大きく改善した。本体参考価格(税別)は6万4630円。接続サービス料は年間1万円。

 日本の自宅ネットワークのルーターに親機を接続し、渡航先でも同様にルーターに子機を接続するたけで、独自の1対1暗号化通信を用いて親機と子機を自動接続する。海外ではインターネットが日本と同じように使えない国や一部のサイトに制限をかけたホテルなどがあるが、子機から親機を経由させることで日本にいるときと同じようにWebサービスを利用できる。

 従来機種では、1対1暗号通信を行うと元の回線よりも大幅に速度が落ちることがあった。どこでも日本 Duetでは、親機・子機ともに高性能チップを搭載し、最大実効速度60Mbpsの高速通信が可能。また、有線LANはWANポート(1個)、LANポート(4個)ともギガビットイーサネットに対応した。親機・子機とも本体寸法は幅148×高さ29×奥行き105mm、重さは約483g。

製品情報
プラネックスコミュニケーションズのWebサイト