PR

 日本テレビ放送網は2016年7月28日、HAROiDのポイントシステムである「CHARiN」を活用し、深夜番組の「SENSORS」と「エンドライド」で番組連動データ放送を7月31日に開始すると発表した。

 CHARiNポイント対応番組放送中にテレビリモコンのdボタンを押すと、番組連動データ放送の画面上に二次元バーコードが表示される。この二次元バーコードをスマートフォンで読み取り、「CHARiN TV」専用ページにアクセスしログインすると、番組企画ごとのCHARiNポイントを獲得できる。

 日本テレビは、番組非連動データ放送として、CHARiNポイントを獲得できるサービスを既に提供している。今回の番組連動データ放送の開始によって、番組放送中にもCHARiNポイントを獲得できるようにする。

[発表資料へ]