PR
[画像のクリックで拡大表示]

 韓国Samsung Electronicsは現地時間2016年8月2日、大画面スマートフォンの次期モデル「Galaxy Note7」を正式発表した。直前の情報どおり、8月19日より順次発売する。日本向けの販売については不明。

 Galaxy Note7を巡ってはさまざまな噂や情報が伝えられ、前日にも詳細な流出情報が報じられた(関連記事:発売直前Samsung「Galaxy Note7」 詳細情報流出か)。

 Galaxy Note7は、5.7インチのQHD(解像度1440×2560ドット)Super AMOLEDディスプレイを搭載し、画面保護に米Corningの「Gorilla Glass 5」を使用。両サイドがカーブしたデュアルエッジスクリーンで、本体背面も同様に両サイドがカーブしたシンメトリーデザインになっている。IP68レベルの防水防塵に対応する。

 OSは「Android 6.0.1 Marshmallow」を採用し、8コアプロセッサ(2.3GHzクアッドコア+1.6GHzクアッドコア)を内蔵する。1200万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラを搭載。4Gバイトのメモリー、64Gバイトのストレージを装備し、最大256Gバイト拡張可能なmicroSDカードスロットを備える。

 指紋認証機能に加え、虹彩認証機能も搭載した。虹彩認証で「Samsung Pay」の決済も行える。

 バッテリー容量は3500mAhで、急速充電対応。本体サイズは153.5mm×73.9mm×7.9mm、重さは168g。USB Type-Cコネクタを装備する。

 付属の「S Pen」も本体と同様にIP68防水防塵仕様。筆圧感知を従来より向上した。エアコマンドのメニューに、任意のテキストを翻訳する「Translate」、画面の一部を虫めがねのように拡大表示する「Magnify」が加わった。「Smart Select」では、ビデオから手軽にGIFアニメを作成してソーシャルメディアなどで共有できる。

 同社はまた、仮想現実(VR)ヘッドセットの新モデル「Gear VR for Galaxy Note7」も発表した。USB Type-C経由でGalaxy Note7と接続可能。microUSBもサポートする。視野角は従来の96度から101度に向上した。

 SamsungはGalaxy Note7の価格については明らかにしていないが、米The Vergeは、770~800ドルと推測している。

 一方、新型Gear VRは99ドルと価格据え置き。Galaxy Note7と同様に8月19日に発売する(米BGRの報道)。

[発表資料へ]