PR

 日立製作所は2016年8月8日、岡山市(岡山県)から、指静脈認証とパスワードを組み合わせた二要素認証システムを受注したと発表した。岡山市の約40拠点の職員が、マイナンバーを取り扱うパソコン約1600台へのログイン時に、二要素認証を行う。2017年1月に稼働を開始する予定。

 指静脈認証技術は、日立製作所が開発した生体認証技術で、指の静脈パターンで個人を認証する(関連記事:日立、ログイン時のICカード/生体認証をWin8で利用可能に)。近赤外線を指に透過させて得られる指の静脈パターンの画像から、静脈の存在する部分を構造パターンとして検出し、あらかじめ登録しておいた静脈の構造パターンと照合して個人を認証する。

 背景には、マイナンバー制度の開始に伴い、自治体では情報セキュリティの強化に向けた取り組みを進めているという状況がある。2015年11月に総務省が公表した「自治体情報システム強靭性向上モデル」では、マイナンバーを取り扱う業務で使用するパソコンなどの端末をインターネットなどの外部ネットワークから遮断するほか、端末からデータを持ち出せないようにする仕組みや、端末へのログイン時に二要素認証を行うことを求めている。