PR

 HAROiDは2016年8月8日、テレビのIoT化を推進するために、テレビのインターネット接続に向けたキャンペーンを展開すると発表した。実施期間は2016年8月8日〜9月30日。

 HAROiDは、これまで複数のテレビ局において、視聴者がインターネットを通じて参加できるインタラクティブ企画を実現してきた。今後は、テレビのIoT化を推進し、「テレビをインターネットの力でアップグレ-ドする」をコンセプトに掲げて、様々なサービスを提供する方針である。

 今回のキャンペーンは、テレビのネット接続率をより上げていくために展開する。テレビをインターネットに接続して、テレビ局のデータ放送(日本テレビのデータ放送など、今後対応放送局を広げる予定)を通じてHAROiDアカウントでログインすると、同社が展開するテレビ共通ポイントサービス「CHARiN」の1万ポイント分が付与される。

 付与されたポイントはCHARiN TVのサイトで受け取り、そのままプレゼント応募や商品サービス交換に利用できる。

[発表資料(PDFファイル)へ]