PR

 米Twitterは現地時間2016年8月9日、Twitter上の多岐にわたる話題から注目の投稿を選んで表示する機能「Moments」の提供拡大を発表した。いずれ一般ユーザーもMomentsを作成できるようになるという。

 Momentsは、昨年10月に米国で提供を開始し(関連記事:Twitter上の旬の話題がすぐ分かる「Moments」機能、米国で開始)、日本でも先月スタートした機能で、今この瞬間に話題になっているツイートや写真、動画をひとまとめにして配信するというもの。

 ユーザーはMomentsタブ(稲妻マーク)をタップして、ニュース、エンターテインメント、スポーツなどに関する注目のトピックを、様々なツイートや画像を見ながら追跡できる。コメントや共有といったアクションも手軽に行える。

 これまでは、Twitter内のキュレーションチーム(@TwitterMoments@MomentsJapan))と大手メディアなどの一部パートナーがMomentsを作成していた。今後はインフルエンサー、その他パートナー、ブランド企業にも広げ、数カ月以内にTwitterの全ユーザーが作成できるようにする。

[発表資料へ]